Illustratorの画面の見方と機能説明(メニューバー編)

イラストレーターを起動すると複雑な画面が立ち上がり、一体何をどうすれば戸惑うかと思います。

私も最初はそうでしたが、やっていく中でだんだん慣れていくしかありません。

とりあえずは基本的な画面の見方を抑えていきましょう。

画面上のエリア別名称

Illustratorの画面は、いくつかのエリアに分かれています。

上部にある「メニューバー」、「オプションバー」、左側の「ツールバー」、右側の「パネル」、中央の画面は「画像ウィンドウ」といいます。

名称を絶対覚えなければいけないわけではないですが、なんとなく知っておいた方が操作に困った時に検索しやすいでしょう。

では、各エリアでどんなことができるのか説明していきます。

今回はメニューバーについてです!

メニューバーの説明

 

 

 

 

 

 

「Illustrator」

 

 

ここではイラストレーターの環境設定を行うことができます。
単位をピクセルやmmにすることができたり、ガイド線の色などの指定ができます。
しかし、最初はデフォルトでOKなので特にいじらなくてOKです。

「ファイル」

 

 

ファイルは、一番最初に使うメニューバーだと思います。
ここから新規作成で作品を作っていくことができます。
また、作った作品を保存したりするのもここで行います。

「編集」

 

 

編集では、操作を一個戻したり、カット、コピー、画像のサイズを変えたりすることができます。
いずれもショートカットキーで行うのが一般的ですね。

「オブジェクト」

 

 

オブジェクトは作業中の使用頻度はかなり高めです。
対象物(オブジェクト)の重ね順を変えたり、オブジェクトをグループにして一緒に動かせたりすることができます。
また、オブジェクトにロックをかけて指定したものだけを動かせなくしたりできます。
作業する上で作業効率を上げるツールがたくさんあるのが「オブジェクトメニュー」になります。

「書式」

 

 

書式は主に、文字の編集に使うものです。
例えば、フォントを変えたり、大文字や小文字の変更などをすることができます。
1番使用するのは「アウトラインの作成」というもので、テキストをオブジェクトに変更する時に使用します。
これをすることによって、テキストの編集の融通を利かせることができるのです。

「選択」

 

 

選択は、オブジェクトを選択した後に選択範囲の反転で、外側のみを選択することができます。
簡単に言うと、選択ツールの応用ができるということですね。

効果

 

 

オブジェクトに様々な効果を与えることができます。
例えば、オブジェクトをぼかしたり、影を入れたり、テキストの線を太くすることなどもできます。

表示

 

 

表示は、ガイド線や定規などを操作画面に表示することができます。
定規などを使えば、正確に幅などの調整を行うことができます。

ウインドウ

 

 

ウインドウは、ツールパネルを表示することができるメニューバーです。
イラストレーターには様々なツールがあるので、ほとんどが隠れている状態ですが、ウインドウズメニューから使いたいツールを選んで表示することができます。

ヘルプ

 

 

これはあまり使うことがないと思いますが、イラストレーターで困った時に検索ができるメニューのようです。

 

 

 

お次は、ツールバーの説明です。

>>「」