llustratorで図形を上下・左右に反転させる方法

Illustratorの機能を使えば、簡単に図形を反転させることができます。

Illustratorでは、反転させることを「リフレクト」と言います。

反転させるには「自動変形ツール」を使う方法と、「リフレクトツール」を使う方法があります。

それぞれ説明します。

①自動変形ツールを使う

反転させて、双葉を作ってみます。

このように茎と葉っぱの図形をそれぞれ作ります。

葉っぱを選択して、ツールバーから「自動変形ツール」を選択、もしくはキーボート「E」のショートカットキーを押します。

するとこのようなカーソルが出てきます。

バウンディングボックスのハンドルを反対側にドラッグします。

反転されました。
縦横比を維持しながら反転させたい場合は、キーボートで「Shift」を押しながらドラッグします。

あらかじめ葉っぱをコピーしておいて反転させれば、双葉になります!

②リフレクトツールを使う

葉っぱを選択して、ツールバーから「リフレクトツール」を選ぶか、「オブジェクト→変形→リフレクト」を選びます。(右クリックで「変形→リフレクト」でもOKです。)

すると、このようなダイアログ画面が出てきました。

「水平」と「垂直」で上下・左右どちらに反転させるか選択することができます。
角度を入力して、好きな角度にすることも可能です。
プレビューをクリックし直すと、反転後の図形が確認できるので、プレビューを見ながら進めてみましょう。

「垂直」を選んで「OK」を押すと、双葉の左側で逆向きの葉っぱができてしまいました。

茎を軸にして反転させるにはどうしたらいいでしょうか?

葉っぱを選択して、ツールバーから「リフレクトツール」を選びます。
ショートカットキーは「O」なので、キーボートで「O」を押してもいいでしょう。

すると十字のカーソルが出てくるので、反転させたい軸に合わせて、「 Alt 」 を押しながらクリックします。

ダイアログ画面が出てくるので、「垂直 」を選択してから「コピー」を押します。

双葉を作ることができました。

③文字を上下に反転させる

図形以外のオブジェクトも反転させることができます。
文字を上下反転させてみましょう。

「Illustrator」と入力してみました。

文字を選択してツールバーから「リフレクトツール」を選ぶかショートカットキーの「O」を押します。

十字のカーソルが出てくるので、反転させたい軸で「 Alt 」 を押しながらクリックします。

ダイアログ画面が出てくるので、「水平」を選択してコピーをクリックします。

文字が上下反転されました。

さらにオシャレにするテクニックを紹介します。

反転された下の文字をクリックし、「ウィンドウ→透明」を選びます。
(ショートカットキーは「Shift+Ctrl+F10」です。)


「透明」のダイアログ画面が出てくるので、不透明度を10%にしてみましょう。


水面に反射したような文字ができました。

便利なツールを活用しよう

「自動変形ツール」や「リフレクトツール」を使えば、上下左右対称のきれいなビジュアルを作ることができます。
便利なツールなので、是非活用してみましょう。